展示会に出展予定の社長に朗報!

社長限定!
書籍無料プレゼント
『展示会営業術』

出展コストの33倍売る
展示会営業®ノウハウ!

今なら『セミナー無料参加チケット』など、合計2万円相当の特典付き!

まずは、このノウハウを活用した成果をご覧ください

  • 出展後わずか6か月で、
    出展コストの33倍の売上を実現した大阪のITシステムベンダー
  • 200万円の自社ブランド製品の受注件数が、
    3.7倍にアップした東京の工作機械製造卸B社
  • 展示会後のセミナー内容を変更し
    63パーセントの受注率をたたき出した神戸の商業印刷C社
  • 見込客名刺を500枚獲得し、153件の受注に成功した
    千葉の教育研修会社
  • 案件化数5倍受注数3倍を達成した
    神奈川の包装機材商社E社
  • 展示会後のセミナー内容を変更し
    63パーセントの受注率をたたき出した神戸の商業印刷C社
いかがでしょうか?これらは成果のごく一部です。
展示会で成果が出ずに悩む企業が多い一方で、このように展示会から大きな売上をつくっている企業があるのはなぜでしょうか?
それは、展示会の勝ちパターンとも言うべき鉄則を理解しているかどうかのちがいなのです。

展示会には、特定テーマに関心がある質の高い見込み客が数千人も集まります。
通常、接点を持てないような意中の企業の決裁者と対面で直接やりとりをすることも
可能です。

にも関わらず、
『毎年、展示会に出展しているけれど、まったく売上につながっていない』
という企業が数多く存在します。

展示会を活用して、優良な見込み客と出会い受注し売上を上げるためには、
勝ちパターンとも言うべき鉄則があります。

これまで1195社以上の企業の営業現場の支援をしてきた結果から、
この勝ちパターン=鉄則を体系化し、7つの力に整理することができました。

今回、これらの方法論を書籍という形にまとめたのが、本書です。

書籍『展示会営業術』目次

  • 第1章:「今までの勝ちパターンが通用しなくなった...」
         『これからの営業価値パターン』との紙一重の差とは?
    ①がんばれば売れる時代はよかった
    ②情報氾濫n時代に、「営業パーソン」はいらない?
    ③チラシ営業の効果はわずか「0.01%」
    ④採用難、少子化時代!「足」で稼ぐことすらできない
    ⑤WEBサイトだけで成果が出るのは大企業のみ

  • 第2章:小さな会社こそ展示会で稼げ!コスト削減、人員削減でも
        「売り上げがアップ」する展示会営業のヒミツ
    ①「展示会」には、あなたの会社の商品が欲しい人が全国からやってくる
    ②コバンザメ作戦!有名企業や人気企業の力も借りられる「展示会営業」
    ③決裁者に簡単に出会える特別な空間が「展示会場」
    ④「売る営業」から「教える営業」になれば、喜んで買ってもらえる
    ⑤「展示会」が中小企業にとって最強の営業手段である理由

  • 第3章:実例!清永式「展示会営業®」術で短期間で売上を右肩上がりに変えた5社事例①出展コストの33倍の売上を実現した大阪のITシステムベンダーA社
    事例②200万円の自社ブランド製品の受注件数が3.7倍にアップした
       東京の鴻崎機械製造卸B社がんばれば売れる時代はよかった
    事例③展示会後のセミナー内容を変更し63パーセントの受注率をたたき出した
       神戸の商業印刷C社
    事例④見込み客名刺を500枚獲得し、153件の受注に成功した
       千葉の教育研修会社
    事例⑤案件化数5倍、受注数3倍を達成した神奈川の包装機材商社E社

  • 第4章:これでカンペキ!小さな会社の展示会準備法
        「今までの勝ちパターンが通用しなくなった...」

    ①盲点!成果を上げる意外な方法とは?
    ②展示会では4つの条件を整える
    ③打数や「ナイショー!」もないゴルフになっていませんか?
    ④展示会は最高に楽しいゲームになる
    ⑤成功を決定づける出展コンセプトという発想

  • 第5章:展示会当日、一瞬にして来場者の心を捉える方法
    ①展示会はたった3秒の攻防!
    ②「なぜか、つい立ち寄ってしまった」・・・その裏側は?
    ③あと一歩を釣り上げる・・・3.5メートルの壁を突破せよ!
    ④「どうせなら、楽しく驚かせてくれたところの話を聞きたいなと思ってね」・・・
     を演出する
    ⑤やりすぎ禁止!展示会は特典をゴールにする

  • 第6章:「買わせてください」とお願いされる展示会後のフォロー
    ①愚の骨頂。展示会で獲得した名刺に必死でアポを取ってはダメ!
    ②見込み客が検討を始めるサインをキャッチする仕掛けとは?
    ③え?見込み客を満足させてはいけないの?
    ④フォロー面談ではグッとこらえる
    ⑤問題を明確にする3つの質問とは?

  • 第7章:人を共感させる万国共通の法則とは?
    ①盲点!成果を上げる情報氾濫n時代に、「営業パーソン」はいらない?
    ②ギャップで勝負!ストーリーの力で惹きつける
    ③小さな会社こそ想いを堂々と発信しよう
    ④全社員に駆動力がある新幹線経営に
    ⑤展示会営業®術で、顧客の駆動力をも使う

  • 第1章:「今までの勝ちパターンが通用しなくなった...」
         『これからの営業価値パターン』との紙一重の差とは?
    ①がんばれば売れる時代はよかった
    ②情報氾濫n時代に、「営業パーソン」はいらない?
    ③チラシ営業の効果はわずか「0.01%」
    ④採用難、少子化時代!「足」で稼ぐことすらできない
    ⑤WEBサイトだけで成果が出るのは大企業のみ

著者プロフィール

清永(きよなが)健一
展示会営業®コンサルタント
株式会社ピュア・コンサルティング代表取締役社長。中小企業診断士

展示会出展コストの33倍売るノウハウを伝える日本唯一の専門家。奈良生まれ。東京在住。
神戸大学経営学部卒業後、リクルート映像、エンタテイメント系企業と一貫して営業職に従事する。
当初、まったく売れない営業マンだったが、偶然、展示会営業を行ったことをきっかけに開花。
全社の数字の75%をひとりであげるなど7年連続トップとなる。
銀行系コンサルティング会社で展示会営業の手法に磨きをかけた後に入社した営業コンサルティング会社では
統括部長として「ゲーム化」メソッドを開発。
1195社もの企業に展示会などを活用した営業強化コンサルティングを行い、
自著の出版記念セミナーでは述べ1,035名を動員。
経営者から「自社の営業を根本から考え直す目から鱗の内容だ!」と圧倒的な支持を受ける。
現在は、ゲーム化メソッドを融合し展示会営業の手法を独自に進化させ、
営業に悩む経営者や企業を救うべく日々奔走している。
展示会は中小企業が自社の想いや志を伝えるのに最適な場だと信じている。
著書の「展示会営業術」「営業のゲーム化」「仕事のゲーム化」はいずれもamazon分野別1位。

書籍プレゼントに申し込まれた方には、3大特典をプレゼント!

  • お客様の声
    特典①展示会営業®ノウハウ動画
    著者:清永健一が行う展示会営業Ⓡコンサルティングのクライアントだけが視聴できる「展示会営業Ⓡセミナー」の動画を特別にプレゼントします。先端事例で学ぶ門外不出の展示会を活用した顧客獲得術が収録されています。
  • お客様の声

    特典②展示会営業®コンサルティングテキスト
    著者:清永健一が行う展示会営業Ⓡコンサルティングのクライアントだけが手に入れることができるテキストの抜粋を特別にプレゼントします。「自社ならどうするか?」をテキストに基づいて考えることができます。

  • お客様の声
    特典③展示会営業®セミナー無料招待
    著者:清永健一が定期開催している「出展コストの33倍売る!展示会営業Ⓡセミナー」(通常5,000円)に無料ご招待します。生々しすぎて書籍には書けない展示会現場の事例ノウハウをリアルな場で吸収することができます。

この本を執筆した理由

「いままでの勝ちパターンが通用しなくなった」

ビジネスの世界でこんな風に言われはじめてから、もうずいぶん経ちます。
近年、その状況にさらに、人材不足・採用難がおそいかかってきています。
資金も人も潤沢な大企業ならまだしも、中小企業にとっては、非常に厳しい環境が続いているのです。
では、中小企業は、座して死を待つしかないのか?

『断じて! 断じて!そんなことはありません』

中小企業が、「厳しい環境下でも業績を向上させていく」、その切り札こそが、
‘‘展示会営業’’なのです。
しかし、ただ漫然と展示会に出展するだけでは、残念ながら成果は出ません。
それどころか、逆効果になってしまう危険性すらあるのです。
展示会に出展し確実に成果を上げていくためには、正しいやり方をする必要があります。
「そのことを、多くの中小企業さんに知っていただきたい!」
そう考えて、本書を執筆しました。

わたしは、展示会は、中小企業が自社の想いや志を世の中に堂々と発信するための最適な場だと信じています
刻印

追伸

今回の社長限定・書籍プレゼントキャンペーンは、100冊限りとなります。もし、「成果が出る展示会出展の鉄則を知りたい」という方はこの機会をぜひ活用してください。残念ながらキャンペーン終了後は無料プレゼントと特典は付きませんので、あらかじめご了承ください。